教育系

広がりを見せる教育の場と資格

教育系資格は、生徒の可能性を伸ばす大事な役割を持っています。
未来への可能性を広げてあげる魅力は、計り知れないものがあるでしょう。
高齢化社会となってきた今、生涯学習ということも叫ばれるようになり、教育の場は広がり、さらに活躍できるようになってきてもいるのです。

教育資格というと、大学の教育学部からの資格の取得を目指す経路が有名でしょう。
他にもいろいろな方法が存在します。
最終学歴が大学卒業ではなくても資格を得る方法もあるのです。

専門性が重要となってくる高等学校教諭

高等学校の教諭の資格というと、小中学校の教諭に求められる総合的な力よりも、科目に対して専門化した能力が問われてきます。
そのため、大学で専門科目を習得してくることは、大事な受験資格といえるでしょう。
大学で取得できる1種免許状や大学院で取得することができる専修免許状があれば、受験資格とすることができます。

ab6b08c6ab490e58b4dd7e32666b8fc0_s
科目別になっているため、受験する前にどういった科目にしたいのか決めておくことも大切になってきます。
高等学校という専門性ゆえに、柔道や県道といった体躯科目、情報処理や技術、デザインといった科目の場合には、高等学校教員資格認定試験に合格することで受験資格を得ることもできるのです。

図書館の中にいる本の専門家である図書館司書

図書館において、本の管理を行い、様々なサービスを担当しているのが司書です。
利用登録をお願いしたり、利用方法の説明をしたりすることもありますし、本に関する相談も受けることがあります。
返却された本を整理していくことも、司書の大事な仕事だといえるでしょう。

図書館の中では様々な仕事があり、貸出だけを行っているわけではありません。
本の購入の計画や、本に関する情報の保存、蔵書の管理から修理まで、図書館にあることは全て仕事の範囲であるといえるのです。

そんな図書館の中で、学校の図書館以外の場所で働くための資格が図書館司書になります。
教育機関の場合には、司書教諭という別の資格になるところが違うのです。
どちらも図書館にかかわる資格で、本に対する知識、社会に対する知識が求められるといえるでしょう。

資格の取得には大学で図書館司書過程を選択したり、実際に司書補として働きながら取得したりする方法があります。
そのほかにも通信教育を受ける方法もありますが、スクリーニングを受けなければならない場合がほとんどですので、社会人には厳しい部分があることには注意しなければいけません。
夜間に通って取得を目指す方法も選択できるようになっています。

教育資格は、どれも人に教えるという大事な役割を持っています。
高い専門知識だけで吐く、覚悟を持たなければいけません。
難しい部分もありますが、それに見合うやりがいもあるのです。

認知度の高い国家資格

図書館司書

本が好きなら