高等学校教諭

高等学校で教師となるために必要な高等学校教諭普通免許状

高等学校で教師となるためには、高等学校教諭普通免許状という国家資格が必要です。
小中学校に比べて、科目の専門性が高まる高等学校では、さらに専門化した能力が求められます。
下記のサイトにも詳しく掲載されています。
>>http://manabi.benesse.ne.jp/shokugaku/job/list/139/
適正人物、収入、生活まで説明されているので、参考になるでしょう。
また、国家資格ですので、一度取得することができれば、日本国内どこでも有効です。

受験資格を得て検定を受けるまでには

受験資格は、大学か大学院で1種免許状や専修免許状を取得した人物のみ。
1種免許状は大学で単位を取得しながら、教育実習を修了することで得ることができます。
専修免許状は少々異なり、1種免許状を有していなければならない上、3年以上学校教員として勤務しつつも、大学の単位も必要になってくる厳しい条件が課されています。

これらの免許状を取得したうえで、教育職員検定に合格することができれば、高校学校教諭普通免許状を獲得できます。
下記のサイトでも詳しく解説しているので参考にしてみてください。
>>http://careergarden.jp/koukoukyoushi/naruniha/

このほかにも、特別免許状制度もあることは忘れてはいけません。
文部科学省による事例を紹介しましょう。
>> http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/kyoin/katsuyou/main15_a2.htm

各分野において、優れた知識や技能を持っていれば、特別に免許状を授与する制度です。
都道府県単位の教育委員会が行う教育職員検定に当たります。

以上の内容を合わせてみると、取得が大変に難しいことが分かったと思います。
採用に関しての倍率も高く、都市部になればなるほど競争が激しいのが現実。
簡単には辿り着けない厳しい仕事であるといえるでしょう。

様々な要素を持っていなければなることができない仕事

高等学校教諭になるには、非常に高い志が必要です。
確固たる熱意もなければいけません。

そして、社会環境が変化すれば子供たちも変化するもの。
柔軟性のある思考力も持ち合わせていかなければならないでしょう。

アドバイスできるだけの視線やストレス耐性は特に重要で、長く勤めていくには必要不可欠な資質です。
以上から多岐に渡る能力が求められる、非常に高度な資格であるといえます。