IT・PC系

0530441ce46fc27d8f2eacfd8de161e0_s
資格をとるということは、自分の能力を証明することに他なりません。
決められた問題を解き、決められた合格基準をクリアすることで取得することができるため、能力の担保として生かすことができるのです。
特に就職活動を考える場合には、自分の能力の証明として役立てることができるでしょう。

あまり資格を重視しないといわれているITの世界でも、最近は有資格者を優遇する措置をとっているところが増えてきました。
ITの世界では、本人申告でできるといっても本当にできるかどうか実際の仕事でしか評価できないのが現状でした。
それが繰り返されてきており、慣例化してきてしまったことが資格を軽視してきた背景にあります。

ところが、資格を取ることで自己研鑽を積んできた人間のほうを選択するようになってきたのです。
最低限の能力を証明できるということだけではなく、人間性も見ることができる点も大きな理由といえるでしょう。

すべての登竜門となるITパスポート

情報処理技術者試験の区分であるスキルレベル1に相当するのが、ITパスポート試験です。
国家資格ではありますが、IT系資格の登竜門として位置しているところが特徴となっています。
元々は初級システムアドミニストレータ試験と呼ばれていたもので、情報技術者としても基礎的な知識を問うレベルになっているのです。

難易度は低くなったといわれますが、その分多角化したともいえ、単純に情報技術者としての知識だけでは合格できなくなっています。
初級システムアドミニストレータ試験とは、すでに違う試験であると考えるべきです。

プログラマならほしい基本情報技術者

スキルレベル2に相当するのが、基本情報技術者試験です。
略号はFEで、情報技術者として生きていくのであれば、まずこれを目指すべきでしょう。
以前は第二種情報処理技術者試験とも呼ばれており、プログラマの能力認定試験としても利用されています。

ベンダー試験が重要視されるIT業界ではありますが、基礎能力を証明するのであればこちらのほうが上だといえるでしょう。

ウェブの国家資格としては唯一のWebデザイン技能検定

IT系国家資格の一つとして、Webに特化しているのがWebデザイン技能検定です。
ホームページの作成にかかわる知識や技能を問う資格で、合格者に与えられるウェブ技能士は名称独占資格です。
ウェブの国家資格としてはこれしか存在しないことから、評価は高まりつつあります。

どうしても能力だけで評価されやすい仕事でもあるため、こうした資格があるだけでも結衣異性を維持することができるでしょう。

IT系最難関の一つネットワークスペシャリスト

国家資格として、最高位であるスキルレベル4に位置するのがネットワークスペシャリストです。
高度情報処理技術者試験の一つで、ネットワーク部門に特化しています。

非常に難易度の高い試験としても知られており、SEとして長年現場にいても合格はかなり難しいと評価されます。
求められる能力水準が高く、ネットワーク系最難関ともいわれているのです。

セキュリティに特化した情報セキュリティスペシャリスト

高度情報処理技術者試験の中でも、情報セキュリティに特化しているのが、情報セキュリティスペシャリストです。
略号はSCで、こちらも非常に高いレベルの知識が求められます。
セキュリティの一環として、プログラムやネットワークの知識が求められるだけではなく、さらに広い知識が要求されることから、有資格者はかなりの評価を受けているのです。

公的資格である日商PC検定

日本商工会議所や各地の商工会議所が行っている試験が、日商PC検定です。
実務に携わる人材を対象としており、知識としてよりも技術が重視される試験であるといえるでしょう。
各種アプリケーションの利用能力を問われる試験で、パソコン検定とも似た部分を持っています。

実際の業務にかかわる部分が強いため、実務能力の担保としては、一定以上の評価を受ける資格試験となっているのです。

IT資格試験といっても、国家資格から公的資格、ベンダー試験や民間資格と呼ばれるものまで様々存在します。
自分が目指したい方向性と合致する資格を受験することが求められるといえるでしょう。

IT資格の登竜門

技術者としての基礎

Webデザイン技能検定

需要の高い人気資格

ネットワークスペシャリスト

難易度は高いが、大きな武器に

情報セキュリティスペシャリスト

情報社会に求められる注目の資格

;日商PC検定

知名度の高い公的資格